メニューを飛ばして本文へ進む

液状化対策を検討する 被害が生じてから修復

3.建物の沈下や傾斜を元の状態に戻して使用するための工法 建物が液状化の被害を受けてから修復する工法です。

建物を元に戻すための修復工事に費用がかかるとともに、一定期間以上の工事により生活再建に多くの時間を要する可能性があります。

ポイントジャッキ工法

沈下量の低減を目的とし鋼管杭を回転貫入又は圧入によって設置し、その杭の支持力を利用して既存の建物の荷重を支え補強する工法です。

<< 一つ前のページに戻る

このページのトップへ