メニューを飛ばして本文へ進む

ホーム > 液状化対策を検討する > 被害が生じてから修復

液状化対策を検討する 被害が生じてから修復

修復工事を行うための建設機械を搬入する場所が確保できるかどうか、敷地内に敷設されている水道管などが工事の影響を受けるかどうかなどを考慮しながら、修復工法を検討します。


工法選定のフロー ポイントジャッキ工法 注入工法 耐圧版工法 アンダーピニング工法

修復工法の選定手順/注:時松孝次「基礎構造の地震被害と耐震設計『東日本大震災における地盤災害と基礎の被害』
2012 年度日本建築学会(東海)構造部門(パネルディスカッション資料)」を加筆修正

このページのトップへ